日本のクリスマスについて調べたりした件

皆さんこんにちは。
Merry Christmas !

街はクリスマスムード一色で、クリスマスソングが流れるいい感じの時期ですね♫
12月24日、25日は一体いつからこれほど盛り上がりを見せてきたのでしょうか。
ちょっと疑問に思ったので調べてみました!
最近だとHalloweenがものすごい規模で日本のポピュラーなイベントになってきています。
クリスマスは・・・

1.そもそもクリスマスの伝来
まだ織田信長の時代。1552年、山口県にキリスト教の宣教師としてやってきた
かの有名なフランシスコ・ザビエルが
信徒を集めて12月24日にミサを行ったことが始まりだそうです。

2.どうやって日本全体のイベントになっていったのか
1612年に江戸幕府が禁教令(キリスト教禁止令)を発令し、
一旦クリスマスは姿を消しますが、
時は流れ、明治6年(1873年)
明治新政府によってやっと禁教令が解かれ、クリスマスも復活します。

ただし、ここまでは国民的イベントというわけではなかったのです。
わたしたち一般大衆に広まっていったのは、

明治37年(1904年)に、銀座の「明治屋」が商業用のディスプレイとして
初めてクリスマスツリーを店頭に飾り、
大きな話題を呼んだことがキッカケとなりました。
ここから商業的に大きなイベントとして
日本人に普及していくことになったとのこと。

1930年代〜の戦争期間中、やはり一時的に下火になりますが、
戦後は商業的に活発に行われるようになり、
今のような日本全体のイベントになっています。

3.本場と日本の違い

    七面鳥(本場) と チキン(日本)
    家族で過ごす(本場) と 恋人、パートナーと過ごす(日本)
    25日メイン(本場) と 24日メイン(日本)
    家に大きなクリスマスツリー(本場) と 家にはミニクリスマスツリー(日本)
    プレゼントは複数(本場) と プレゼントは1個(日本)

また、日本では12月26日になると
ぱたっと年末のバタバタムードになっていくことが面白いなと思ってます。
いきなり純日本みたいに三味線の音楽が流れてきたりして。

文化の違いというか、感覚の違いというか、こういうのを考えるのは楽しいですね。
ちなみに本場でクリスマスにケンタッキーを食べる人はいないそうですね(笑)
日本だと予約しないと手に入らないくらいなのに。

One thought on “日本のクリスマスについて調べたりした件

  1. tomoya says:

    あああああ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *