よくIT系の会社とかで聞くLinuxとは?

皆さん、こんばんは!
今日は、前回のエントリーで取り上げたLPICのときに出てきた、Linuxを書いていきます。

Linux

エンジニアの方なら分かる人も多いかと思いますが、今回は自分の忘備録として、そして、
Linuxを初めて聞いた方向けに書いていきます。
何事も物事の理解を深めるためには、「本質」を知ることが必要であると思っています。
そして、「本質」を知ることは、「歴史」を知ることだと思っています。

そこで、歴史から紐解いて行きます。

まず、Linux、なんて読むか分かりにくいですよね。
「リナックス」と読みます。

このLinux、実は私たちの身の回りにものすごく多く使われています。
例えば、スマホ。
AndroidはスマホのOS(オペレーティング・システム)として有名ですが、Linuxベースです。
iOSはiPhoneのOSですが、これはLinuxの前身のUnix(ユニックス)がベースです。

このLinuxは、オープンソース(無料で中身(ソースコード)を公開している)OSになります。
つまり、WindowsやMacOSXと同じ仲間ということになります。

Windowsのパソコンは皆さん使ったことある方が多いと思いますが、実際のパソコン自体はNECや富士通、Sony、Panasonicなど、
Windowsを作っているMicrosoft社とは違う会社です。

Microsoft社はWindowsという自分たちで作ったOSを有償で提供しており、そのライセンスフィーで大きな収益を得ている会社です。

MacOSXは、いわゆるMacというApple社のパソコンのOSですが、Apple社はパソコン自体(ハードウェア)もOS(ソフトウェア)も自社で作っており、MacにしかMacOSXを使わないため、Microsoft社とは違います。

あ、OSって今まで言ってきましたが、
OS(オペレーティング・システム)は、コンピューターの脳に当たるもので、
パソコンの全てのハードウェアを管理している重要な司令塔です。

ハードウェアとは、メモリや、CPU、ディスプレイ、キーボードなど全てです。

Linuxは、1991年Linus Benedict Torvaldsという人によって開発されたOSです。
リーナス・トーバルズさんです。

フィンランドのヘルシンキ大学にいる普通の大学生のときに作っちゃったのです。すげぇ。

リーナスさんは学校の授業で渡されたUNIX(Minix)というOSの機能が不足していると感じ、自作することにしたそうです。
その過程で、OSをゼロから作成をし直すようになったそうです。

しかし、UNIXというOSは現在はアメリカの電話会社として有名なAT&Tのベル研究所というところで開発されていたもので、
著作権の問題もあり、色々と面倒が発生することが見えていたため、独立した新しいもの(Linux)を発明した。ということです。

ちなみに、AT&Tという会社は、電話の発明者であるグラハム・ベルが作った会社です。

今では、サービスを提供しているコンピューターである「サーバー」で多く使われているOSとして、
広く普及しています。

すごくざっくりでしたが、今日はここまで〜

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *