立ち止まり、竜馬に心をよせて

最近、司馬遼太郎さんの小説『竜馬がゆく』を読んでいます。

今やみんながご存知の坂本龍馬。小説では、史実に基づいてはいるもののフィクションです。

坂本龍馬(この小説では坂本竜馬)が土佐の裕福な商家で生まれ、風雲の幕末で活躍するさまを様々な人間ドラマと
当時の思想的、政治的な関わりなどから見ていく物語。

当時の土佐藩(今の高知県)は、山内家(関ヶ原の戦い以降土佐に住み着いた一族)の家臣一派を「上士」、
戦国来の長宗我部家の家来を「下士」といい、明確な身分制度があった。

下士は上士には逆らえず、かくいう竜馬も下士。

その竜馬が、江戸へ出て桶町千葉道場の塾頭として北辰一刀流免許皆伝の実力をつけ有名になり、脱藩、勝麟太郎の出会い、大久保一翁、神戸海軍操練所、海援隊・・・
とめざましい活躍をしていきます。

ほんとにカッコイイ。
この一言がまさに竜馬です。

あの孫正義さんも竜馬がゆくを読んで人生に影響を与えられたと言っているように、
この竜馬をみて、竜馬の気持ちで街を歩くと新たな気分で、おおらかに、突き詰めると天衣無縫の境地です。

まあ、とにかくおすすめの本ということで。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *