WordPressのカスタム投稿

皆さんこんにちは!
今日は、WordPressのカスタム投稿について少し書いていきます。

このブログでもやろうと思っていたのですが、なかなか重い腰が上がらず今日に至っております・・・

さて、カスタム投稿って、知ってますか?
その名の通り、WordPressの管理画面、投稿をする際の画面をカスタムして使いやすいやつにしてしまおうということです。

デフォルトはこんな感じ。

ちょろっとカスタマイズするとこんな感じ。

変わったの分かりましたか?

こうやって、自分のやりやすい投稿画面にカスタマイズしてブログなりサイトを運営できるんです。
どうやってやるかというと、

 

  1. プラグインを利用する
  2. function.phpを直接編集する

 

1. プラグインを利用する

こちらは、ググると色々出てきますので、自分にあったものを探すのがいいかと思います。
僕は、Custom Post Type UI
を使ってます。

これだとダッシュボードから直感的にカスタマイズできるのでわかりやすいかと思います。

2. function.phpを直接編集する

えっ? ふぁんくしょんどっとぴーえいちぴー? なにそれ?

安心してください。
function.phpとは、
WordPress Codexによると、

WordPress のデフォルトの動作を変更する方法のひとつに functions.php という名前のファイルの利用があります。これはテーマのフォルダーに入れるものです。
この functions ファイルは WordPress プラグインのように振舞って、WordPress サイトへ特徴や機能を追加します。これを使って、PHP と WordPress 組み込みの両方の関数を呼び出したり、独自の関数を定義したりできます。そして、この WordPress テーマでの functions ファイル利用と、WordPress プラグインへのコード追加とは、同じ結果を出すことができる 2 つの方法です。

テーマの中にファイルがあり、デフォルトで設定されている動作を変更できるファイルということです。

これを編集することで、カスタム投稿も実現できます。
※ファイルを直接編集したほうが、もちろん柔軟性はあります。ただしPHPのコードを扱うので、すこし難易度が高い。。。


'name' => 'イベント情報',
),
'public' => true,
'has_archive' => true,
'supports' => array('title','editor','excerpt','thumbnail','author')
)
);
}

これは、僕のブログでも使っている『lightning』という無料テーマの公式ページに載っていたコードです。

ググってみると色々出てくると思うので、まあ参考程度に。

こうやって、Web制作会社は管理画面のカスタマイズをしているのだなあと思う海の日でした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *