KPT

KPTで振り返る

先日、こんな記事を読んだ。

自律的に現場を改善できるチームをつくるための「ふりかえり」の進め方 〜 KPTと進め方のノウハウ

KPT? なんだそれ?
KPIやKGI、KGBは聞いたことあるけど。 ・・・KGBはソ連か。。。

記事を見ていくと、日々の仕事を振り返るために利用するものだという。
引用すると、

KPTは、Keep/Problem/Tryの略で、「Keep=よかったこと」「Problem=悪かったこと」「Try=次に試すこと」の3つのフレームワークで考える方法です。

ということだった。

Kは、例えば
・新規アポ獲得のために、1日30件のテレコールをしていたこと。
・後輩に仕事の進め方を一緒になって教えていたこと。
・お客様を常にリードして、案件を成功に導いた
など。

Pは、例えば
・優先順位の付け方が甘かった
・案件の構図を理解しきれていない
・効率的な進め方ができていない
・提案の質が下がってきた
など。

Tは、例えば、
・情報共有の仕組み化
・進め方などをレシピ化
・既存顧客からのアップセル
・別の角度からのアプローチで、商談を増やす
など。

「仕事の進め方」という観点に絞って、KPTの基準で振り返りを行っていく。
若手と中堅のメンターであれば、個人的に振り返ればいいし、

僕の会社のようにチーム単位で動いている場合は、
個人単体だけではなく、チームとしてKPTの基準で振り返りを行うことになる。

実際、この試みを少し前からはじめた。

案の定というか、
“K”よりも、”P”のほうが多い結果になったのだが、
それは改善の余地がまだ多分にあるため、ここからの大きな飛躍が期待できる
と解釈している。

何かの基準を設定した上で、「個別の案件進捗」ではなく「仕事の進め方」を振り返っていく。
このことにより、中長期的な視野で組織運営がうまくいくのではと思っている。

参考

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *