フィジビリティスタディ

安易にYesと言わない

「お金」「〜できます」 安易にYesと言わない。
  もめるから。

設計において

1.抽象化をすること。

 なぜ?

目的そもそも=抽象化した先にある。
 → そこから各要素を導き出し、それぞれ解決策を出せるだけ出す。
  → 複数の解決策をメリット・デメリットを提示して説明する。 マトリックスで説明するといいかも。
    → フィジビリティスタディをする。 弊社としては、B案が今回いいと思うのですが、お客様はどう思います?
最終的に決定するのはお客さま。

フィジビリティスタディとは? Feasibility study

新規事業やプロジェクト、政策などが実現可能かどうかを検討するために、事前に行う調査・研究を意味する言葉。
「実行可能性調査」「事業化調査」と訳される。
F/Sと略記されることもある。
調査する範囲は事業やプロジェクトによって異なるが、業界の動向、市場調査、競合状況、政治、法制、規制、経済、文化、言語など様々な環境から実現可能性を測定する。技術開発、販売計画、採算性、資金調達といった財務面の調査も事業を成功させる上で欠かせない重要なファジビリティとなる。
参考!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *