Web解析について

Webの会社にいる以上、また、今後のためにもWeb解析の知識は必須。
そこで、まとめてみた。
無料、有名なもの
という軸で選んでみた。

1. Google Analytics

https://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/#?modal_active=none

https://accounts.google.com/signin/v2/identifier?service=analytics&passive=1209600&continue=https%3A%2F%2Fanalytics.google.com%2Fanalytics%2Fweb%2F%3Fhl%3Dja%23&followup=https%3A%2F%2Fanalytics.google.com%2Fanalytics%2Fweb%2F%3Fhl%3Dja&hl=ja&flowName=GlifWebSignIn&flowEntry=ServiceLogin

Web解析の定番ツールなので、必須で使えるべき。
統計データを元にした施策を打つため。

2. Google Search Console

https://www.google.com/intl/ja_jp/webmasters/#?modal_active=none
なんか色々な機能がある。
訪問キーワード、外部リンクの詳細、Googleからどんなキーワードと関連があるサイトと認識されているのか・・・
など、サイトについての細かい部分まで確認ができる。

3. Google Trends

https://trends.google.co.jp/trends/
「今」の検索トレンド、急上昇ワードを知ることのできるサービス。

4. Mobile Friendly Test

https://search.google.com/test/mobile-friendly?utm_source=mft&utm_medium=redirect&utm_campaign=mft-redirect

こんな感じで、対象サイトがモバイルフレンドリーなのかをチェックでき、
レスポンシブ対応や表示速度アップ施策などを打つようにする。

5. PageSpeed Insights

https://developers.google.com/speed/docs/insights/about

Googleはモバイルファーストを掲げ、モバイルでのページスピードを重視している。
その際の指標になるのがこのサービス。

6. IS IT WORDPRESS

http://www.isitwp.com/

そのサイトがWordPressを使っているかどうかを調べられるというツール。
さっき知ったので、精度がどれほどか不明だが、一応チェック。

7. SEOチェキ!

http://seocheki.net/

SEO系の情報を一覧できるので、よく使っている。
ヘッダーやwhoisも見れるのでとても便利。

8. SimilarWeb

https://www.similarweb.com/ja
これもよく使っているサービス。

訪問者数、平均滞在時間、直帰率、どの経路からの流入か
など、無料でいいのか?というくらい調査ができるツール。
おすすめ。

とりあえず無料で使える、自分の知っている範囲でのサービスを紹介した。

もちろん有料のものもたくさんあり、機能や使い勝手のいいものもあるのだが、
いったん無料のもの。

また、最近ではAIを使った分析、解析ツールも出てきているので、そういうものも使ってレビューしたい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *