【WordPress】WordPressのテーマの必須条件

WordPressにおいて、様々な開発者がテーマを公開、販売しています。
しかし、自分オリジナルのテーマを作りたいという場合もとても多いと思います。

そんなときにテーマを作っていくわけですが、まずその初歩の初歩について書きます。

テーマのディレクトリ

テーマが配置してあるディレクトリは、

WordPressがインストールされているDocumentRootの下になります。

例を挙げると、LAMP環境であれば、

var/www/html/{任意のフォルダ名}/wp-content/themes/

KUSANAGI環境であれば、

/home/kusanagi/{任意のフォルダ名}/DocumentRoot/wp-content/themes/

のような感じです。

そのthemesディレクトリの中に新しくディレクトリを作成します。

Linuxなら mkdirコマンドで。

# mkdir my-theme

そこに必要なのは以下の2ファイル

  • index.php
  • style.css

これさえあれば、WordPressはよしなにテーマであることを読み取ってくれます。
(日本人ばりの空気の読み方ですw)

例えばここでindex.phpには適当に「こんにちは」など書けばとりあえず良いのですが、

style.cssについては記述方法がしっかり決まっております。

以下をコピペして、Theme Nameだけしっかり書いておけばOK

/*
Theme Name: テーマの名前(必須)
Theme URL: テーマのサイトのURI
Description: テーマの説明
Author: 作者の名前
Version: テーマのバージョン
Tags: テーマの特徴を表すタグ(カンマ区切り/オプション)
License: テーマのライセンス
License URI: テーマのライセンスのURI
*/
これでWordPressの管理画面からテーマを変更してあげることができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *