CNAME

サブドメインが付かないドメインwwwなしなどを利用する際には、
AWSのRoute53にてCNAMEの設定が必要。
元々のネームサーバーにRoute53を参照させるようにし、そこから名前解決を行う。

CNAME(Canonical Name)

「この名前できたら実際にはここを参照してね」というもの。
CNAMEで設定したURLにアクセスすると、指定したURLに飛ばしたりする。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *