一人暮らしの掃除、洗濯、自炊の時短術【外注とシンプル】

Watch 生活

僕は一人暮らしなのですが、本当に掃除、洗濯、自炊が続きません。

これは結構一人暮らしあるあるなのではないでしょうか。 でもどうしようもなく日々を過ごしているという人も多いと思います。

今回は、「一人暮らしの家事時短術」を書いていきます。

一人暮らしの家事時短術【外注とシンプル】

一人暮らしの時短術の秘訣は、ズバリ外注とシンプルです。

でもこれ、今回は家事についてですが普段の仕事でも同様ですよね。

仕事をとってきて得意な分野はそのスペシャリストに外注する。仕事はなるべくシンプルに複雑性を排除する。

外注から書いていきます。

家事の外注

家事の外注とは、家事代行サービスのことです。

日本ではまだ普及が少ないですが(特に地方)、海外はドラマなどを見ていればわかるようにベビーシッターやお手伝いさんがいて身の回りのお世話をしてくれたりします。

日本人はこのあたりにこだわりがあり、「自分のことは自分でやらないとダメ」と思いこんでいる人も多い印象ですがそれで疲弊していっては元も子もありません。

依頼できるところは積極的に周りの助けを借りるべきです。

日本人に大切なのは、まず、自分の周りを頼ることを悪いことだと思わないマインドです。

日本人に大切なのは、自分の周りを頼ることを悪いことだと思わないマインド

実際に家事代行をGoogle Trendsで見ると、増加傾向ではありますがそこまで増加はしていないのがわかります。

まだまだ文化として根付くのは先かもしれません。。。

現在家事代行を行っている企業調べるとたくさん出てきました。

例えば、CaSyというサービスは、クラウド家事代行サービスとして打ち出している低価格かつ品質の高いスタッフが家事をしてくれるものです。

アプリですぐ頼めたり掃除の代行や料理代行を行ってくれるので便利です。

頑張るママがメインターゲットの感じで、家事に育児に仕事にという生活では倒れてしまってもおかしくありません。

そこでこのCaSyを使うことでうまくサポートをしてもらうというのは今後の生活様式になっていくと思っています。

お財布と心が笑顔になる家事代行サービスCaSy “"

また、くらしのマーケットというサービスでは、引っ越しのお手伝いや畳張替え、ふすま借り換え、庭木の剪定、出張カメラマン、ペットシッターなどなど非常に沢山のカテゴリーでサービスを展開しているので、 「えっ、こんなことまで頼めるの??」と思うはずです。

暮らしのサービスくらべておトク!
【くらしのマーケット】

キャットハンドというサービスは、猫の手も借りたいからとっているのでしょうがWebサイトが見やすくて一人暮らし応援パック(1ヶ月15,000円で週1回あらゆる家事をやってくれる)のようなものもありました。 こうやって外注して余った時間を有効に活用するようにしたほうが生産的だと思います。

業界最安値水準!1時間1,980円!家事代行サービスキャットハンド

こういうサービスは提供される側も助かりますし、提供する側も例えば育児が一段落して働きたい人たちなどの雇用にも貢献しているため副業として参加する人も増えていくのではないかと思います。

家事のシンプル化

これはとても単純です。

家にあるモノを減らすことです。

家にモノが溢れていると必ず部屋が汚くなります。これは人間の心理だと思うのですがあまり汚くても気にしなくなってしまうのだと考えています。

例えば服、靴、本、棚、書類、DVDなどこういったものは最小限まで削減しましょう。

すると、すべての家事をたとえ自分でやったとしてもかなりの時短になります。

上記の家事代行サービスを使ってもシンプルな部屋のほうが安く済むかもしれませんし。
少し前から、ミニマリストなどと呼ばれていたように今は物の所有の時代ではなく共有(シェア)の時代なのであまり所有にこだわらず、使わないものは捨てる もしくは 売る もしくは 譲ることで家のスリム化を図りましょう。

かくいう僕も部屋は汚く家事もできないというダメ野郎ですが少しずつこういうサービスや考え方を取り入れていっているところです。

読んでいただきありがとうございます。

一人暮らしの人は是非、参考にしてみてください。

一人暮らしでなくとも一度サービス使ってみて自分に合う合わないの判断をするのがいいのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました