ポケットWi-Fiの 5GHzモードって知っていますか?

Wi-Fiマーク Web

↓ こんな感じのポケットWi-Fiを使っている人は結構多いのではないでしょうか。

僕もポケットWi-Fi派の人間で、PCはMacBook Pro、タブレットはiPad Pro、スマホはiPhoneという感じで出先でもPCで作業をすることが多いのでポケットWi-Fiは必須で使っています。

少し高いのですが、一応利用無制限のプランで毎日ブログを書いたりSNS見たりYou Tubeを見まくったりしています。

ただポケットWi-Fiの課題としてあるのはつながらない、遅い時があるということではないでしょうか。

そこで、「んだよ!この回線!」と腹を立ててしまうのは時期焦燥です。

まだやっていないことがあります。

それが、無線電波帯域の変更です。

5GHzと2.4GHz

普段ポケットWi-Fiを使っている人も、意外と知らない機能に、無線電波帯域の変更があります。

言葉の定義を引用します。

まぁ「帯域幅」って単語が出てきたら「通信に使われる周波数の範囲、あるいは通信速度のことなんだな~」と、お考えください。

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

つまり、5GHzを使うほうが2.4GHzを使うよりも通信速度が速いということです。

「じゃあ、ずっと5GHz使えばいいんだ!」

ということになりますが、それぞれの帯域では特徴があり状況によって使い分けることが大事です。

5GHz

最大のメリットは、通信速度が高速なことです。

一方のデメリットは、壁や床などの障害物に弱いためポケットWi-Fiがある部屋とは別の部屋で通信したい場合など、通信の距離が離れてしまうと繋がりづらくなってしまいます

5GHzは、屋内(自分の部屋、空間)で使いましょう。

2.4GHz

2.4GHzの最大のメリットは、障害物に強いためポケットWi-Fiとの間に壁などがあっても通信が届きやすいことです。

一方のデメリットは、通信の不安定です。この2.4GHzはポケットWi-Fi以外の他の製品でも利用されている帯域のため混在して通信が不安定になることがあります。

2.4GHzは、屋外やポケットWi-Fiとの距離が離れている場合に使いましょう。

ここで、屋外という言葉を使いました。

5GHzの注意事項【電波法】

総務省の電波利用ホームページというところに『無線LANの屋外利用』というページがあるので、一読しておくといいです。

総務省 電波利用ホームページ|その他|無線LANの屋外利用について

5.2GHz帯を利用する場合、同じ帯域を利用している人工衛星に影響を与えないように屋外の利用には制限がかかっているようです。

そこまで大きく慌てることはないと思いますし、ポケットWi-Fiの画面から簡単にモードの変更が可能です。

ただしおすすめなのは、

ご利用のポケットWi-Fiの名前 5GHz

などのワードでGoogleで調べて見ると良いと思います。

※5.2GHz帯の屋外利用の条件
人工衛星に影響を与えない(上空側へ強い電波が出ない)工夫が施された専用機器を利用する。
(「5.2GHz帯高出力データ通信システム」の技術基準適合証明等を取得した機器)
アクセスポイント及び中継器については、事前に総合通信局に「登録局」の手続が必要。
気象レーダーに影響を与えない場所(告示*に示す「開設区域」内)でのみ利用可能。
*平成30年6月29日総務省告示第223号(5150MHzを超え5250MHz以下の周波数の電波を使用する無線局の開設区域を定める件)を示す。以下同じ。

総務省 電波利用ホームページ|その他|無線LANの屋外利用について

まとめ

まとめると、以下の3つとなります。

5GHzは、屋内(自分の部屋、空間)で使いましょう。

2.4GHzは、屋外やポケットWi-Fiとの距離が離れている場合に使いましょう。

5GHzは、屋外で利用する場合は注意しましょう

様座菜々Wi-Fi提供者がいてどれがいいのかわからないという場合には、例えば安くて安心を求めるのであれば、Yahoo!のWi-Fiという選択肢は1つ大きいかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました