Googleを知り、ユーザーを知り、SEO対策とWebライティングに活かそう!

seo-eyecatch SEO

SEOやWebライティングは、様々な要素があって意外と難しいですよね。

ハードルが低い故に何をやったらいいのかがわからなくなってしまうところではないかと思います。

そこで、大きく2つの要素でまとめてみました。

Googleについて知る

まずは兎にも角にもGoogleについて知るところからです。現在日本の検索エンジンはGoogleが9割以上と言われています。Yahoo!を利用している人も検索エンジンはGoogleを利用しているので、トータルすると9割以上です。

MicrosoftのBingなどの対策も必要な場合もありますが、数字を見る限りGoogleのほうが圧倒的に重要です。

Googleの使命

Google の使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人がアクセスできて使えるようにすることです。

https://about.google/intl/ja_jp/

1番の使命はここに集約されています。これを元に様々なビジネスが展開されています。

Google が掲げる 10 の事実

Googleは自社の考えをしっかりとWeb上に公開しています。10の事実というページがGoogleの考えを一番わかりやすくまとめられており、見ていない人は閲覧必須です。

Google が掲げる 10 の事実というページを引用します。結構面白いことが書いてありますが、読むといろいろな発見があります。

内容は見直しが随時かかるので、詳細は以下のリンクから確認ください。

Google が掲げる 10 の事実

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
3. 遅いより速いほうがいい。
4. ウェブ上の民主主義は機能する。
5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
10. 「すばらしい」では足りない。

Google が掲げる 10 の事実

10の内のどこを見ても、SEOやWebライティング、マーケティングに活かせそうです!

グーグル検索の仕組み

グーグル検索の仕組みもGoogleは公開しています。Web担やマーケティングをやっている人は見たことが有るかと思いますが、定期的に読み返すと原点に戻れます。

1.ウェブ上のコンテンツを整理する

2.知りたい情報を瞬時に検索

3.検索結果をわかりやすい形式で

4.広告は販売しても検索結果は販売していません

5.常に検索エクスペリエンスの改善に取り組んでいます

特に重要なのは、検索意図を把握すること

ユーザーは何気なくGoogleの検索窓に検索ワードを入れて検索します。しかし、一体どういう意図で入力したワードなのかを把握することがとても重要です。

その意図のことを顕在意図潜在意図と言います。

顕在意図だけに縛られず潜在意図を知る

例を挙げて見てみます。

潜在意図の例1 「神田 引っ越し」

「神田 引っ越し」というワードでユーザーが検索するとします。このワードを100%正直にそのまま捉えては失敗するということです。

検索者の頭の中では、「神田 引っ越し (駅近)」、「神田 引っ越し (オフィス)」、「神田 引っ越し (おすすめ)」、「神田 引っ越し (きれい)」、「神田 引っ越し (治安)」
といった潜在意図が必ずあります。

誰もが無意識的にこの潜在意図と顕在意図の2つを持ってGoogle先生に検索をしているということをまず知ることが重要です。

潜在意図の例2 「日本酒 新潟」

「日本酒 新潟」のワードの場合も考えてみましょう。

潜在意図としては、「日本酒 新潟 (おすすめ)」、「日本酒 新潟 (お土産)」、「日本酒 新潟 (美味しい店)」、「日本酒 新潟 (珍味)」、「日本酒 新潟 (甘口)」、「日本酒 新潟 (辛口)」などが思い浮かびます。

こういったワードの裏側にある検索者の意図を想像して戦略を立てるのはとても重要です。

Googleのガイドラインを読もう!

みなさん、Googleのガイドラインは読んだことがありますか?

検索品質評価ガイドライン(General Guidelines)はWeb関係者にとっては読んでおくべき教科書のようなものです。

全て英語で167ページありますが、読みましょうね!PDFのリンクはこちらです。

Google General Guidelines (September 5, 2019)

とまあ、こうなるのが普通です(笑)

大丈夫です!日本は恵まれているのです。

電通デジタルがGoogle 品質評価ガイドライン解説(2019年5月版)というコンテンツを提供しています。

これは、先程の頭を抱えたガイドラインの要点や最新の評価傾向を専門家が解説して公開してくれているというありがたいコンテンツです。

これを読みましょう!!

Google 品質評価ガイドライン解説(2019年5月版) – 電通デジタル

TOPに書いてある説明を引用してみます。

Google 検索の評価基準を示す「品質評価ガイドライン」の要点や、最新の評価傾向を解説します。
本ガイドラインには重要な評価軸である「Needs Met(需要との一致)」「Page Quality(品質・信頼性)」「ユーザビリティ」などの解説や、その評価例が示されており、SEO(検索エンジン最適化)の参考となります。
同時に、「長期的に成功するウェブサイトを作るための参考書」として非常に役立ちます。
ガイドラインに示されている評価基準・評価対象は、言い換えれば「世界有数のウェブサイト鑑定家」であるGoogle の価値観や近未来像を示すものです。SEOに限らず、ウェブサイトの中長期的な改善を考えるうえでの有益な示唆を得ることができます。

Google 品質評価ガイドライン解説(2019年5月版)

ユーザーの4つの検索意図(目的)を達成できるコンテンツを作る

Googleが有益な情報を提供しているThink with Googleに4つの検索意図が書いてあります(PDFファイルになっています)。これをしっかり頭に入れておくとマーケターとしてレベルアップできます。

4 new moments every marketer should know

重要な要素は以下の4つです。

  1. Know(知りたい)
  2. Go(行きたい)
  3. Do(やりたい、経験したい、始めたい)
  4. Buy(買いたい)

Know(知りたい)

なにかの情報を知りたくて検索する場合です。気になっている商品の情報を色々求めたりWikipedia的な知識を求めたりがKnowになります。

Go(行きたい)

特定の場所に行きたいという意図です。

ワードとしては、「ディズニーランド 生き方」、「ディズニーランド 駅」、「ナイアガラの滝 交通手段」、「トランプタワー バス」のように、場所、地図、交通手段などがワードとして入ります。

このワードの場合はGoogleは検索上位にGoogle Mapや乗換案内などを表示させます。

Do(やりたい、経験したい、始めたい)

何かをやってみたい場合、経験したい場合のワードです。

ワードとしては、「英語学習 やり方」、「英語学習 おすすめ」、「英語学習 渋谷」、「サーフィン 伊豆」のようなワードになるかと思います。

このワードは広告との相性がいいので広告が表示されることが多いです。

Buy(買いたい)

購買意欲があり、後はどれにしようかと選んでいる場合のワードです。

ワードとしては、「英語学習 教材」、「歯磨き粉 歯槽膿漏」、「ノートパソコン 15インチ」など

確かに自分自身もAmazonでも実店舗でも購入の前にググってしまいます。自分の決定に確からしさがほしいんですよね。

どのワードがどの要素なのかを知るには、検索してみる

どのワードがどの要素が強いのかを知るには、実際に検索してみるのがいいです。

「日本酒 新潟」のワードで検索をしてみたところ、ナレッジパネルはなくKnowとBuyの記事が上位10位にありました。

面白いのは「日本酒 新潟 醸造元」で調べると、Goの記事が多いことです。こうやって色々見ていくと見えてくるのではないでしょうか。

ユーザーの4つの検索意図(目的)で作るコンテンツ

この4つの検索意図を反映したコンテンツを作成する場合に以下の方法でアイディアを出しましょう

どうせ〇〇なら

Know(どうせ知るんだったら)

  • すぐに知りたい
  • できるだけ最新の情報 →更新日付を入れる
  • 正しく知りたい →情報の元を記載
  • わかりやすく知りたい →表、箇条書き
  • 見やすく知りたい

Go(どうせ行くんだったら)

  • 移動時間短縮したい →Mapアプリで比較してルートを提案する記事
  • 賢く移動したい →この季節にこの道を進むといいよ
  • 迷子になりたくない →簡単に行けるルートを教える記事
  • 混んだ道を避けたい →抜け道を書いた記事
  • 正確に目的地に到着したい →移動の際の目印をコンテンツに入れる

Do(どうせやってみるなら)

  • 楽にしたい 手軽に
  • 楽しく
  • 無料で
  • すぐに
  • 失敗したくない おすすめの方法を知りたい
  • 人気の方法を知りたい
  • メリット、デメリットを知りたい
  • どんな副作用が出るかを知りたい
  • タイミングを知りたい
  • 恥をかきたくない
  • 自分に向いているのかを知りたい

Buy(どうせ買うなら)

  • 失敗したくない 口コミを知っておきたい
  • レビューを知りたい
  • ランキングを見たい
  • 他の商品と比較したいおすすめを知りたい
  • 効果や効能について理解したい
  • 買い時を知りたい
  • 解約できるかどうか知りたい
  • 納期がいつになるのか知りたい

このような切り口でまずは潜在意図を考え良いコンテンツづくりを行っていきましょう。

最後に

今回の記事は、ウェブライダー松尾さんのセミナーの一部まとめと自分の補足をした記事です。

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉などのSEO系の本などを書いている方で読んで面白かったので参加してきました。

株式会社ウェブライダー

Twitter:ウェブライダー松尾茂起(@seokyoto)

コメント

タイトルとURLをコピーしました