Web広告の種類【リスティング広告、記事広告、ネイティブアドなど】

広告メインイメージ Web

Web担になって少し経ちますが、Web広告は非常にたくさんあって複雑だなぁと思っていました。

休みでいい機会だったのでどんな広告があるかまとめてみました。

超基礎として概要をつかめるようにはなっていると思います!ご活用ください!

リスティング広告

GoogleやYahoo!で検索したキーワードに対して表示される広告。検索結果の上に表示される。

ユーザーが検索したキーワードに関連した広告になるため購買意欲の高いユーザーに広告を見せられる

例:Google広告やYahoo!プロモーション広告など

ディスプレイ広告

Webサイトやアプリの広告枠に画像や動画やテキストで表示される広告。

Google広告を入れているメディアやブログを見るとビジュアルで表示されている広告はディスプレイ広告の可能性が高い。

ユーザーへの視覚的認知という点でもクリックをされなくても広告効果が見込める。

例:Googleディスプレイネットワーク(GDN)など

リターゲティング広告

過去にWebサイトを訪問した事があるユーザーに対して表示させるWeb広告。

去にWebサイトを訪問した事があるユーザー = 少なくとも興味関心がある
なのでコンバージョンに繋がりやすい広告といえる。

例:Googleディスプレイネットワーク(GDN)など

アフィリエイト広告

アフィリエイトサイトに掲載してもらい、そこから問い合わせや購入を促す広告

決まったアクションまでユーザーが行ったら成果に応じて報酬が支払われる。

コンバージョンが出たら報酬を支払うので費用対効果は高いが、どんなアフィリエイトサイトに取り上げられるのかわからないというリスクも有り。

例:A8.netやafb(旧アフィリエイトB)

純広告

一番シンプルな広告特定のWebサイトの広告枠を買い、掲載する広告。バナー広告になる。

各メディアサイトが出している媒体資料を見ると種類や金額が書いてある。そのプランと投資対効果を見て高ければ企業は出稿する。

Ex.マイナビニュース媒体資料

記事広告(タイアップ記事)

Webの記事としてPRをしてもらう広告

広告を出したい企業ではなく第3者が商品やサービスについての記事をメディアに掲載しターゲットに見てもらう広告

例:東洋経済オンライン、ダイアモンドオンライン、TABIPPOなど

ネイティブアド

広告を記事やコンテンツに溶け込ませることで、他の記事・コンテンツと同じような見た目で出す広告

Gunosyやスマニュー、TwitterやFacebookのインフィード広告など、不意にクリックしたらなんと広告だったよという広告。 今かなり成長している広告の種類。

広告を嫌悪するユーザーにも自然にクリックしてもらうことができるようになった。

例:TAXEL、LOGLY、Fluctなど

リワード広告

アフィリエイト広告の一種コンバージョンの行動をしたユーザーにも報酬を還元する広告

例えば、ポイント還元。この広告を見た人には100ポイントプレゼントみたいなやつ。

例:GMO SmaAD リワードなど

動画広告

動画は今主流。様々な動画広告があらゆるところに入っているので少しパケット気にするやつ。

YouTubeの最初や途中に差し込まれるもの(インストリーム広告)、メディアサイトなどのバナー枠に動画(インバナー広告)、Facebookなどのタイムラインに動画広告(インフィード広告)、記事をスクロールしていると突然動画が流れる(インリード広告)など。

例:GoogleのTureView広告など

SNS広告

Facebook広告、Twitter広告、LINE広告など様々なSNSで利用する広告

Facebook広告は配信ターゲットをとても細かく指定できるので非常に効率的。Twitterは拡散してもらいやすいLINE広告はコミュニケーションインフラであるLINEに表示されるので見てもらえやすい

最後に

Web広告は日々進歩してきておりどんどん新しいものも出てきます。常にキャッチアップしていかないとすぐに時代遅れになりそうなので、要チェックしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました