Elementor Page Builder VS Gutenberg

WordPress

今日は、気になっていた『Elementor Page Builder』というWordPressプラグインについて書いていきます。
このプラグイン、ご存知でしょうか?
どうやら素早く直感的にページの作成ができるプラグインのようです。

プラグインを追加する際には似たようなのがありますが、一番左のを選びます。

Elementor Page Builder01

個人的にすごいと思ったのは、とてもこまめにアップデートが行われ、最新のWordPressにも対応できている点です。これは、プラグインを選ぶ上においてはとてもいいポイントです。

Elementor Page Builder02

実際に使ってみようぜということで、初期状態のWordPressに入れてみました。
テーマはデフォルトのTwenty Nineteenですがこんな見た目になります。
パット見Gutenbergのような印象を受けます。

それもそのハズ、このプラグインはWordPressがGutenbergを公表する前からあるからです。

Elementor Page Builder03

Gutenbergを普段触っている方からしたら難なく扱えるようにはなると思います。思想としてはGutenbergのようなより簡単に多くの人に直感的に記事の作成を行ってほしいという思いがあり、Wixなどとも同じです。

Gutenbergでも様々なことが出来ますが、Elementor Page Builder では例えばボタン一つ作るときでも様々なアイコンが選べたり柔軟に色や形を変えることが出来たりするのはいいなと思いました。

Elementor Page Builder04

テキストエディタはWordPress4までのエディタが使えますので便利です。

Elementor Page Builder05

ビジネスモデルとしては無料で利用してもらい、より多くのテンプレートやウィジェットを利用したい場合、またWooCommerce Builderなどの追加機能を利用したい場合には年額でかかるようです。

Elementor Page Builder06

個人的にはこのプラグインを使ってLPなどを作るのはありかなと思いました。
ただ、Gutenbergという本家が作っているエディタがより機能を増してくるとかなり厳しくなってきそうな感じはします。

最後に、このElementor Page Builderの説明書きを引用します。
興味ある方は一度使ってみるのも面白いです。

「今の」Gutenbergよりも僕はこちらのほうが機能や使い勝手等好きです。

デザインに限界のない、ライブページビルダーの出番です。これまでの WordPress になかった、ハイエンドのページデザインと高度な機能を提供するページビルダーです。
Elementor ページビルダーの出番です。

早く。もっと早く。
すばやく反映されることを重視し、即時ドラッグ & ドロップページビルダー、即時ライブ編集、即時ページ読み込みを開発しました。Elementor の速さは、他の無料や有料のページビルダーとは一線を画します。これにより、インターフェイスが楽しく簡単に操作できるようになり、設計にかかる時間も短縮されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました