【ウェブ解析士】ウェブに携わる人必取!の資格はこれだ!!

Web

ウェブ解析士について

ウェブ解析士とは、
一般社団法人ウェブ解析士協会が主催のウェブマーケティングにおける知識を身につけるための試験です。
例えば、

  • アクセス解析の知識
  • 観測すべきKPIの設定
  • 事業に則した現状分析および目標を達成するための計画立案
  • インターネット広告
  • プロジェクトのファシリテーション

など、多岐にわたる能力が体系的に身につきます。

ウェブ解析士、何がいいの?

ウェブ業界で使う知識が体系的に網羅され、資格もGETできるところが大きな魅力です。

これは個人的な話になりますが、ウェブ業界で使う知識が体系的に網羅されているものはこれを除いてはあまりないのではないかと思います。
ウェブ系の企業は、従業員数何千人も何万人も必要ないため、それぞれが小さな単位で企業活動を行っています。
それがウェブの良さでもあるのですが、それゆえに業界で共通の知識が作られづらいのも事実です。

しかも少人数の会社だと、研修なんてあってないようなもの。
そんなときに、ウェブ解析士の知識は非常に有益です。新卒でWeb業界に入り3年目ですが、
なぜ今までこれをやってこなかったんだ!
というくらいのものです。

自分がウェブ系の会社を立ち上げたら、必ずこの資格を入社基準もしくは研修教材にしたいと思っています。

ウェブ解析士の特徴

試験にはレベルが3段階あります。

ウェブ解析士

これは、一般的な「初級」みたいな立ち位置です。
内容としては、

ウェブマーケティング、ウェブ解析に関する以下の基礎知識を習得、共通の用語認識の基に、営業・制作・開発・社内ウェブマスター業務等の遂行・業務効率化を可能にすることを目指します。
・ウェブマーケティング、ウェブ解析を行う上で必要な用語(定義~使い方)
・アクセス解析から得られる情報の認識・分析方法・計算方法(用途に応じた適切な利用)
・ウェブ解析による課題の発見方法と改善手段(事業成果に繋がる解析の考え方)

とあるので、基礎基本レベルの知識を網羅的に身につけるというのが目的のようです。
今僕もこれを取得しようと学習中です。
実際、アクセス解析などもそうなのですがウェブマーケティングで必要な法律などについても学習します。

上級ウェブ解析士

この資格を持っている人はかなりのウェブ解析士です。

ウェブマーケティング、ウェブ解析に関する以下の応用知識を習得、データの正しい認識(読み取り)の基に、クライアント及び社内経営陣(上長)説明・説得、新しい取り組み施策等以下の事業の成果に繋げる提案(コンサルティング)及び提案スキル向上(提案内容の付加価値化)を可能にすることを目指します。
・KPI(重要業績評価指標)の設定とウェブマーケティング計画の設計・立案(事業目的に対して適切な計画)
・時系列分析のセオリー、ウェブ解析の基準値、業務設計(業務効率化による事業収益化促進)
・分析結果のコメント・アドバイス方法(課題抽出と改善策、事業成果に繋げる提案ポイント)

実際に実務で展開できるレベルとなるのがこの上級ウェブ解析士で、課題に対するコンサルティングもできるレベルということです。

ウェブ解析士マスター

ウェブ解析士の最上位はこの「マスター」です。
マスターはウェブ解析士を育てる事ができるレベルなので、ウェブ解析セミナーなどで登壇する人がこの資格を持っているかはその講師のレベルを見る一つの指標だと思います。

ウェブマーケティング、ウェブ解析(講座・資格制度)に関する教育研修のためのスキル(技能・技術)と知識(講座開設から資格認定まで)を習得、自らが講師として独自に講義を開設し、教育機関(大学・専門学校、職業訓練校等)や企業(出張・社内研修等)で認定講座の講義と指導を行うことを可能にすることを目指します。
・ウェブ解析士・上級ウェブ解析士認定講座開設
・講座集客のためのセミナー開設
・ウェブ解析士・上級ウェブ解析士の指導

問題

問題としては、以下のような問題が出ます。
これは「ウェブ解析士」の問題なので、ウェブ解析士資格の中では一番基礎の部分の問題です。
皆さんはわかりますか?

広告の効果測定指標の中で下記より誤っているものを選びなさい。
①CTCが高いということは広告とランディングページの内容がマッチしていると推測されます。
②CPAが高いということは広告の費用対効果が良いということです。
③ROASが高いということは広告の費用対効果が良いということです。
④広告の効果を測定する場合、目的に合わせ予め測定指標を定めておくのがよいでしょう。

https://www.waca.associates/jp/materials/exam_sample/

ご覧の通り、まずはCTCなどの用語を知っていること、そしてそれぞれの用語について、どういうときに利用するのかという実際の運用までの知識が必要です。

勉強方法

ウェブ解析士 認定試験公式テキスト2019(第10版)がおすすめです。というよりこれが公式です。

価格:4,320円(税込)のため、値段がかなりのものですが、ウェブ業界でビジネスサイドの仕事として駆け出しの人であれば新しい気づきが必ずあります。
かなりの良書です。
正直試験を受けなくても一読することをおすすめするくらいです。

まとめ

ウェブ担当、ウェブ構築会社、ウェブマーケティング会社、SEO会社、ウェブ広告会社など、ウェブを生業としている人は年々増えてきています。

そこで、このウェブ解析士の資格を取得することは、これからの知識のベースになり将来的に自分で事業を作る際にも決して無駄にはならずむしろ強力な武器となるでしょう。

ぜひやってみてください!!

タイトルとURLをコピーしました