台風とが来るとわかっていても仕事に行ってしまう日本人

満員電車 仕事

なんのために働いているのか。。。

現在台風15号が首都圏を直撃するという報道がテレビ、ネット問わずされています。月曜日の明け方〜午前中にかけて雨風が凄まじく、鉄道も計画運休を行うことを発表しています。

JR東日本では、始発〜AM8時ごろまでは運休で様子をみて再開を決めるということです。
ということは、真面目な日本人の皆さんは8時ごろに一気に駅に集まるということになります。

これは誰でも分かることなので、例えば午後から出勤するなり朝はリモートにするなりで対応するのが仕事の効率、社員の健康などを踏まえて普通のことなのではないかと思います。

ただ、おそらく朝みんなは8時頃に駅に殺到して駅がパンクし電車は遅れに遅れて立ったまま1時間過ごしたりするんだろうと想像しています。

その人にとっても、会社にとっても、駅にとっても、社会にとっても1つもいいことは無いと思うのですが、おそらくそうなるでしょう。

何が働き方改革だ!と思うわけですがもしこの通りになってしまったら個人的にかなり悲しいです。

本当であれば大人なんだから自分で判断して1日を無駄にしないように会社にコミットしろと思いますが学校みたいに会社からAMはリモート、PMから出勤みたいな通達をする必要があるんだろうと今回考えました。

なんか、思考停止だなぁ。

仕事
スポンサーリンク
新卒IT文系セールスのBLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました