パーキンソンの法則・ECRSの原則【ビジネスマンは覚えておくべき】

management マーケティング

日々の社会人生活で覚えておきたい法則と原則を記載します。
考え方の話ですが、特に経営・マネジメント層には覚えておくべき法則だと思いました。また、今後そこを担っていくまだ部下がいないor少ない若手の人もこれを覚えておくだけで経営的視点ができるようになってくると思います。
きっと見てくれた方にも役に立つはず!

1.パーキンソンの法則

Wikiによると、以下のようになります。考えれば考えるほど奥深い法則です。

1958年、英国の歴史学者・政治学者シリル・ノースコート・パーキンソン(英語版)の著作『パーキンソンの法則:進歩の追求』、およびその中で提唱された法則である。役人の数は、仕事の量とは無関係に増え続けるというもの

Wikipedia

第1法則仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する

納期がながければ、その仕事に必要以上の時間を使い必要以上の仕事量を処理しようとすること。要するになまじ時間があるために無駄な仕事を自分で作っている状態になるということ。

組織が拡大するのは業務量が増加しているからではない。
組織内の力学により組織が拡大を続け、組織が拡大することで組織内の調整作業などの追加の仕事が増加し、結果として更に組織が拡大を続けることになる。(ムダ)

確かになあ!!と思う第1法則。

第2法則支出の額は、収入の額に達するまで膨張する

収入があればあるほど無駄遣いをするということ。ビジネスだと、利益が高ければ高いほど会社の利益を食いつぶすことをしてしまうということ。

支出が正しくコントロールされていない会社では、不適切な支出が見受けられることになる。例えば、会社の実態に対して過剰に立派な建物をつくることなど。

自社製品が優位性が高いために営業や広告などで無駄なコストを掛ける(支出のコントロールができていない状態)ということも第2法則に当てはまる。

2.ECRSの原則

これは、業務改善を実視する上での、順番と視点を示したものである。 ECRSは、Eliminate(排除)、Combine(結合と分離)、Rearrange(入替えと代替)、Simplify(簡素化)の英語の頭文字を選択したものである。業務の改善においてECRSを適用すると、改善の効果が大きく、過剰や過小な改善も避けられ、さらに不要なトラブルも最小になることが知られている。

1.Eliminate(エリミネート) 排除(無くせないか)

業務の目的や最終目標を見直し、不要な業務・なくせる業務を考えます。業務の最終的な目的を再定義した上で、必要のない工程は排除しましょう。

会議、人数、広告宣伝などなど

2.Combine(コンバイン) 結合(一緒にできないか)

複数の業務を同時に処理できないかを考えます。同時に行える作業、まとめて行うことができる作業は、統合して効率化を計りましょう。

会議の同時開催、顧客データの都度入力を1日の最後にまとめて入力に結合、書類作成を1人にまとめたなどなど

3.Rearrange(リアレンジ) 交換(順序を変更できないか)

業務プロセスの処理順序を変更し、効率の改善が可能かを考えます。工程を変更することで、大幅に時間を削減できるケースがあります。

会議順序、営業ルート、承認ルートの順序変更などなど

4.Simplify(シンプリファイ) 簡素化(単純化できないか)

業務の一部を省略しても、同等の成果がつくれないかを考えます。時間の短縮はもちろん、精神的な負担や肉体的な負担も削減可能です。

会議資料の簡素化、報告の簡素化、テンプレートの用意などなど

おおよそこの中の1〜3をどれだけしっかりやるかで決まるということなので、4を論じる前にまずは1〜3を徹底したいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました